D2Cのおでかけコースメディア「デカケル.jp」が集客支援サービス「デカケルチャンネル」の販売をスタート

D2Cは、ゼンリンデータコムが保有する地図表示やルート検索の技術を活用して11月25日より、同社が運用するメディア「デカケル.jp(http://dekakeru.jp/)」に新機能としてコースのルート検索機能を搭載、さらに企業や自治体向けにコース作成・閲覧ツールサービス「デカケルチャンネル」を開設。両社は共同で同サービスの販売を開始する。

「デカケルチャンネル」とは、商業施設や鉄道会社、観光協会、不動産事業者など、エリアマーケティングを展開している企業や自治体向けに、エリアやスポットの価値を高め、集客や滞留を促進するために開発したコース作成・閲覧ツールサービス。このツールを通じて魅力的な観光コース情報を提供することにより、ユーザーが観光を検討するときの課題であったコース計画を支援。さらなるエリアやショップへの集客や滞留につなげることができる。

ツールの特徴

おでかけや観光のコースを検討しているユーザーが集まるデカケル. jp内に、公式チャンネルを開設し、おすすめのコース情報を配信できる。ゼンリンデータコムが保有する地図表示やルート検索の技術を活用することにより、スマートフォンでは、提供するおでかけコースの徒歩もしくは自動車での「ルート検索」やコンビニエンスストア・ATM・ガソリンスタンド・駐車場などの「周辺施設検索」が利用可能に、PCでは、ルート検索したおでかけコースをプリントアウトして持ち運びできるようになる。また、来春には、訪日外国人向けのサービスとして、サイトや地図の多言語版の提供も予定。

デカケル.jp概要

サービス名称:デカケル.jp
概要:デカケル.JPの公式ガイド(現在31名)が実際に体験したおでかけコースをエリア別、テーマ別に500コース以上配信中。
ジャンル:観光・旅行・おでかけ
対応機種:PC、スマートフォン/利用料金:無料
サービス利用方法:下記のURL よりアクセス可能。
URL:http://dekakeru.jp/

デカケル.jpトップ画面

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ