電通総研、『話題・注目商品2014』レポートを発表

「消費者が選ぶ2014年の話題・注目商品ランキング」

1位は「アナと雪の女王」

電通総研は、「消費者が選ぶ2014年の話題・注目商品ランキング」及び「消費者が選ぶ 2015年の有望商品ランキング」を発表した。、

2つのランキングは、事前調査などで抽出した約130の商品・サービスについて、全国の20~69歳の男女を対象にインターネットによるアンケート調査を行い集計したもの。「今年流行った・流行っている」をベースとした「2014年の話題・注目商品ランキング」に加え、「今後、流行る」と思うに焦点を絞って集計した「2015年の有望商品ランキング」も作成した。

 

消費者が選ぶ2014年の話題・注目商品 ベスト20

 1位 アナと雪の女王(-)
 2位 しゃべる「ゆるキャラ」(10 ※)
 3位 東京スカイツリー(1)
 4位 クローズドなコミュニケーションアプリ(LINEなど)(13)
 5位 妖怪ウォッチ(-)
 6位 スマートフォン(3)
 7位 実名登録制SNS(Facebookなど)(24)
 8位 ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(USJ)(-)
 9位 コンビニの本格コーヒー(7)
10位 ロボット掃除機(4)
11位 NHK連続テレビ小説(-)
12位 ソチ冬季オリンピック(-)
13位 ハイブリッドカー (2)
14位 日本人のノーベル賞受賞(青色LED)(-)
15位 進撃の巨人(22)
16位 ハロウィンのコスプレ(60)
17位 タブレット端末(35)
18位 富岡製糸場(-)
19位 プレミアムビール(-)
20位 軽自動車(16)

( )内は昨年順位
※昨年は「地方ゆるキャラ」でランクイン

 

消費者が選ぶ2015年の有望商品ランキング ベスト10

 1位 電気自動車(燃料電池車も含む)
 2位 3Dプリンター 
 3位 格安スマートフォン
 4位 国産ジェット機
 5位 4Kテレビ
 6位 終活
 7位 スマートウォッチ
 8位 カーシェアリング
 9位 公衆Wi-Fi
10位 ウェアラブルカメラ(装着型カメラ)

 
 

2014年は、アベノミクス景気により自分や日本に対する自信を取り戻しながらも、4月の消費増税という大きな波を受け、節約意識と攻めの消費が交錯するせめぎ合いの年となった。

電通総研では、上記2つのランキングの背景にある消費者の気持ちを次のように読み解っている。上位ランクインに明るいコンテンツが多く、これらは、過去のデフレ時代には戻りたくないが、かといって自信を持って前に進む勇気を持てない中、明るく心地よく背中を押してくれることで支持を集めた。(「アナと雪の女王」「しゃべる『ゆるキャラ』」「妖怪ウォッチ」「ハロウィンのコスプレ」「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター(USJ)」など)。

また、伸びが停滞したものの持続する日本経済の強さ、また、日本人の海外での活躍(「ソチ冬季オリンピック」「日本人のノーベル賞受賞(青色LED)」など)、文化の世界的評価(「和食」「富岡製糸場」など)、日本のものづくりの発展(「電気自動車(燃料電池車も含む)」「国産ジェット機」など)は、国内外に日本の存在感を高めており、その結果、日本に対する好意が高まり、海外に発信したい気持ちも高まっている。

さらに、軽量のウェアラブル端末などの未来的な技術が続々と登場し、生活に浸透しつつある。「3Dプリンター」や「公衆Wi-Fi」などの生活に密着した技術は、生活革新への期待を後押ししている。

なお、この2つのランキングを元に読み解いた、2015年に向けた消費トレンドを示すキーワードも発表している。

詳細は
電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/1127-003883.html

 
 

【話題・注目商品調査の概要】
・調査対象 : 全国、20~69歳男女個人、1,200名
・調査時期 : 平成26年11月7日(金)~11月10日(月)
・調査手法 : インターネット調査
・調査会社 : 株式会社電通マクロミルインサイト
・調査内容 : 130の商品・サービスのそれぞれに対して、「今年流行った・流行っている」「今後、流行る」「流行っていないし、今後も流行らない」「知らない」で質問

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ