メセナアワード2014贈呈式開く

~電通の「広告小学校」が優秀賞

企業および企業財団による優れたメセナ(芸術文化支援)の活動を顕彰する「メセナ アワード2014」(主催:企業メセナ協議会 後援:文化庁)の贈呈式が11月21日、東京・港区のスパイラルホールで開かれた。
94社・団体から応募された102件の中から大賞をはじめ7件が受賞。電通の社会貢献活動「広告小学校」プロジェクトは優秀賞である「子どもクリエイティブ賞」を獲得し、同社の石井直社長が企業メセナ協議会の尾﨑元規理事長(花王顧問)から表彰状とトロフィーを受け取った(下写真)。

メセナアワード1

「広告小学校」はCM劇づくりを通して子どもたちのコミュニケーション力育成を目指すプロジェクトで、これまでに全国200校で2万3000人を超える児童・生徒が体験している。
登壇した石井社長は、「学校の先生方をはじめ、支えてくださった全ての関係者の皆さまに感謝申し上げたい。『伝える』ことと『伝わる』ことが違うこと、そして、伝える方法や表現は無限にあることを、子どもたちに感じ取ってほしいという思いで、この活動を続けている。日本の未来を担う子どもたちが、コミュニケ―ションの大切さを感じ、大きく成長して世界で力を発揮できる一助となるよう、これからも力を尽くしていきたい」とあいさつした。

メセナアワード2
あいさつする石井社長
 

参考記事:電通の「広告小学校」プロジェクトがメセナアワードで「子どもクリエイティブ賞」[2014.10.15]

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ