未亡人朱美ちゃん3号と細貝さんも受賞!?
「LINE Creators Stamp AWARD 2014」

LINEは11月26日、ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」で、実際にユーザーが手掛けたスタンプ(クリエイターズスタンプ)の中から、2014年の優秀作品を表彰する「LINE クリエイターズ スタンプ アワード2014」の授賞式を、東京の渋谷ヒカリエで開催した。

 

クリエイターズ マーケットでは、年齢や職業、個人・法人を問わず、誰でもスタンプを制作・販売できる。今年4月の登録受付開始以降、11月7日時点でクリエーター数は145カ国・27万人となり、販売中のスタンプ数は3万セット以上に上る。使い方やジャンルの拡大とともに大きな話題となり、スタンプ全体の販売総額は35億9000万円、購入されたスタンプ総数は3595万セットに達している。販売額の約50%がクリエイターに分配される。

森川社長からグランプリの贈賞
森川社長からグランプリの贈賞
喜びの受賞者
喜びの受賞者

冒頭、森川亮社長は「スタンプによって“気持ち”のやりとりが可能になり、それだけで会話をするコミュニケーションも発生している。スタンプ制作が文化になるよう、今まで以上の価値を生み出していきたい」とあいさつした。

アワードは、9月末までに販売された全スタンプの中から、ダウンロード数・送信数などを基に2014年の“ベストクリエイターズスタンプ50”を選出。特設サイトで公開し、ユーザーによる一般投票と審査委員会での審査で受賞作品を決定した。

芸能賞は日本エレキテル連合
芸能賞は日本エレキテル連合
森川社長(左)とゲスト審査員
森川社長(左)とゲスト審査員

ステージには、ゲスト審査員のイラストレーター・みうらじゅんさん、タレント・小島瑠璃子さん、音楽クリエーター・ヒャダインさんが登壇。グランプリは、アメリカンなイラストに関西弁のセリフを組み合わせた「アメリカンポップ関西弁」に決定。その他、準グランプリ2作品、ゲスト審査員特別賞の3作品、審査委員会特別賞「芸能賞」と「話題賞」が発表され、それぞれにトロフィーが贈られた。芸能賞は、お笑いコンビ・日本エレキテル連合のスタンプが受賞。ふたりはブレークしたきっかけになった“未亡人朱美ちゃん3号と細貝さん”の扮装で登場し会場を盛り上げた。

ゲスト審査員は「イラストレーターが世に出るきっかけになる大きなメディアだ」「盛り上がりのスピードと、コミュニケーションツールとしての可能性を実感した」「はやりのテイストに合わせるのではなく、自分のセンスにこだわり続けるのも大切」などと語った。

LINE クリエイターズ マーケット:
https://creator.line.me

LINE ウェブストア:
https://store.line.me

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ