5年間限定の新複合施設 

「TENOHA DAIKANYAMA(テノハ代官山)」オープン

         

東急不動産は11月28日、東急東横線 代官山駅(東京・渋谷区)入り口交差点に、新しい商業・ビジネス複合施設「TENOHA DAIKANYAMA(テノハ代官山)」を開業した。

 

同所にあった商業施設「代官山ラヴェリア」と「代官山東急アパートメント」を利用し、建物はそのままに内外観をリニューアルしてオープンした。「テノハ」は、“手のひら”と“葉”の造語で、ものを作り出す手と手が広がり、ここから人やモノ・サービスが育つ場所になることを願ったもの。代官山は、東急不動産ホールディングスグループの重要拠点で、同社が1955年に「代官山東急アパートメント」を開業した場所で、長く代官山のシンボルとして認知されてきた。2020年以降は、市況や顧客のニーズに沿って建て替えなどの案があることから、5年間限定の施設とした。

TENOHA & STYLE STORE   TENOHA & STYLE RESTAURANT
TENOHA & STYLE STORE
 
TENOHA & STYLE RESTAURANT
 

施設はビジネスゾーンと商業ゾーンを一貫したコンセプトのもとに融合させ、新しい暮らし方を提案する。店舗は、インテリア・雑貨・食品などを扱うライフスタイルショップや高品質の食材を使ったイタリアンレストラン、日本初出店の伊ローマのカフェが開業。また、会員同士がアイデアを共有したりつながれる空間を提供する、シェア・サービスオフィスを設けた。アネックスには、1日単位で貸し出すイベントスペースを併設、賃貸マンションだった代官山東急アパートメントの一部は、内装を自由に変更できるオフィスとして利用できる。

ボンドルフィボンカフェ   TENOHA  LAB
ボンドルフィボンカフェ
 
TENOHA  LAB
 

今後同グループでは、女性専用のスポーツスタジオのオープン(東急スポーツオアシス)や、健康提案を行う実験店の出店(ウェルネス事業部)、輸入住宅のショールーム開設(東急ホームズ)などが予定または検討されている。2015年春には、東急電鉄が手掛ける「代官山東横線上部開発計画(仮称)」が開業を予定するなど、代官山エリアはさらに魅力的な街になりそうだ。

施設サイト: http://tenoha.jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ