電通、デジタルテクノロジーを駆使したノンヒューマン・タレント開発事業を始動
― 第1弾は、等身大アンドロイドタレント「マツコロイド」 ―

電通と電通子会社の電通テックは、デジタルテクノロジーを駆使した新しいノンヒューマン・タレント開発事業「デジタレ」を始動する。

  アンドロイドのモデルとなるマツコ・デラックスさん
 
アンドロイドのモデルとなるマツコ・デラックスさん

「デジタレ」事業の第1弾として、エーラボおよびナチュラルエイトと共同で開発した「マツコロイド」は、その名の通り、タレントのマツコ・デラックスさんをモデルにした等身大アンドロイドタレント。

「マツコロイド」は、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学の石黒浩教授の監修のもと誕生した。石黒教授は人間が創り得る究極のコミュニケーションメディアを目指し、アンドロイド開発を行っている。

「マツコロイド」も、マツコ・デラックスさんご本人の忠実なアンドロイドを目指して、頭からつま先にいたる全身を型取りし、表情やしぐさ、癖なども研究した上でリアルに再現しており、まさに最新鋭のアンドロイド技術を応用したアンドロイドタレントとなった。

昨今、エンターテインメント業界において、映像や音楽など多様な分野でテクノロジーの活用が進んでいるが、アーティストやタレント自身をコンテンツと見なし活用しているケースは決して多くはない。今回立ち上げたノンヒューマン・タレントという発想は、そうした背景から誕生したものであり、電通グループではアンドロイドタレントのようなコンテンツ開発のニーズが今後高まっていくのではないかと考えている。

電通は先月、社内に「電通ロボット推進センター」を立ち上げたが、今回の「デジタレ」も、新たなコミュニケーション・コンテンツの開発に向けた同社グループならではのプロジェクト。その特徴は、さまざまなテクノロジーを起点に、新たなタレントを開発することにある。

今回リリースする「マツコロイド」は、アンドロイドタレントとしてデビューした後、番組出演にとどまらず、イベントやCMでの出演など多方面での活動を精力的に行っていく。

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/1202-003884.html

関連記事:
マツコ等身大アンドロイドタレント「マツコロイド」が遂にベールを脱ぐ![2014.12.10]

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ