原作を知らなくても楽しめる?
進撃の巨人展、上野でスタート

累計4000万部を発刊した漫画「進撃の巨人」をフィーチャーした「進撃の巨人展」が、11月28日から東京・台東区の上野の森美術館で開催。27日にオープニングセレモニーと内覧会が行われた。

ゲストとして登場したのはタレントの吉木りささんと千原せいじさん。作中のキャラクターのコスチュームで会場に現れた2人は、「自分と同じく進撃の巨人ファンの息子からも『今日は頑張ってこい』と言われた」(千原さん)、「毎回展開が読めないストーリーでとても面白い」(吉木さん)とコメントし原作のファンぶりをアピールした。

オープニングセレモニーの最後には展示の目玉の一つであるリアルスケールの50メートル級巨人がお披露目され、吉木さんは「これを目の前にしたら足が震える。とても勝てる気がしない」とその迫力を調査兵団さながらの目線で語った。

吉木りささん、千原せいじさん

展示スペースは「ウォール・トーキョー」と名付けられ、作品の世界観をさまざまな手法を用いて表現している。まず初めに足を踏み入れるのは、大迫力の「恐怖体感シアター」。巨人に襲われる恐怖を視覚、聴覚、触覚を通じて文字通り体感することができる。

進撃の巨人展 シアター内

続く展示コーナーも原画に著者による後日談やコメントが添えられていたり、壁面のみでなく天井も活用したレイアウトがされていたりと、随所に見る者を楽しませるための工夫が凝らされている。

また原画以外にも、原作者である諫山創氏が過去にインスパイアされた作品や、中学生時代の創作物なども展示。一人の表現者としての諫山氏がフォーカスされており、進撃の巨人を読んだことがない人でも今話題のクリエーターの“頭の中”を垣間見ることができる。この他にも作中アイテムの実物展示コーナーや、あずまきよひこ氏や大暮維人氏をはじめ著名な漫画家が描く進撃の巨人など、原画展にとどまらない見どころ満載の内容となっている。

進撃の巨人展 展示コーナー

さらに美術館の隣に併設された360°体感シアター「哮(こう)」では、話題のヘッドマウントディスプレーによるVR(Virtual Reality)技術で作中の主人公たちとともに“立体機動”を体感することができる。

「進撃の巨人展」は11月28日から2015年1月25日まで無休で開催。開館時間は平日の午前10時~午後5時、土日祝日の午前10時~午後8時。チケット購入方法や詳細については公式ウェブサイトを参照(http://www.kyojinten.jp/)。

©HK/AOTE

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ