演奏と写譜がシンクロするMV

石川綾子さんの超絶技巧

CM音楽プロデュースなどを手掛けるタートルミュージックは11月12日、世界的難曲として知られる「24のカプリース Op.1 第24番イ短調」(パガニーニ作)をバイオリニストの石川綾子さんが演奏するミュージックビデオ(MV)を公開した。同MVは、石川さんの超絶技巧を駆使した演奏とその譜面が書き込まれていく様子をシンクロさせることで、聴くだけでは分からない楽曲の複雑さを視覚的に伝える構成となっている。

 
http://youtu.be/7axMQQJyHco?list=UU9BD3vH_5uBIS2jjVgXD0kg
 

パガニーニは譜面を残さなかった作曲家として有名だが、本作では石川さんの弓使いを記したオリジナルの手書き譜面をユーチューブの動画から無料で直接ダウンロードできる。MVを入口に楽譜を配信するという初めての試みだ。

 

石川さんは2012年11月に東京・汐留の電通ホールで開催された、東日本大震災復興支援のための「PLAY FOR JAPAN Charity Concert with 千の音色でつなぐ絆」では被災地の流木で製作されたバイオリンによる演奏を披露した。

「石川綾子/ 24のカプリース Op.1 第24番イ短調」
クリエーティブディレクター 岸勇希(電通)
プランナー/コピーライター 越智一仁(電通)

*詳細は、
石川綾子HP:http://www.ayako-ishikawa.com/
タートルミュージックHP:http://www.turtlemusic.jp/ へ。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ