D2C R、ダウンロードせずにアプリを体験可能なソリューション「AdPlay」を提供開始

D2C Rは、台湾のVMFiveが開発したスマートフォン向けアプリのプロモーションソリューション「AdPlay」の提供を、12 月8 日より開始した。またそれに伴い、「AdPlay」と広告効果測定ソリューションツール「ART(Advertising Response Tracking)」の連携も行った。

「AdPlay」は、ユーザがスマートフォンアプリやサイト上の広告をタップすると、広告対象であるアプリ1 分間無料体験プレイすることができるソリューション。ユーザはダウンロードすることなくアプリを疑似的にプレイできるので、これまでより正確にアプリの内容を理解し、ダウンロードの要否を検討することが可能となる。

また、従来はスクリーンショットや動画などによってアプリ内容を説明するケースが大半だったが、実際にアプリをユーザに体験してもらえることで、提供者はアプリを最大限にPRし、これまで取り込めていなかったユーザ獲得を図ることが可能になる。

「AdPlay」は、iOS™、Android™ OSに対応しており、あらゆるサイトやアドネットワークに組み込むことが可能。アプリのAPK ファイル(アプリケーションファイル)を「AdPlay」に組み込むことにより、サイト上でアプリと同様の動作をさせることが可能になる。

また、「AdPlay」と「ART」を連携させたことにより、D2C Rは、広告主に「AdPlay」を経由したさまざまなユーザの導線や行動履歴も提供する。

詳細はプレスリリース(http://www.d2cr.co.jp/topics/topics_detail.php?post=376)を参照。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ