香港発★ムーミンカフェが開業

フィンランドの童話「ムーミン」をモチーフにした「ムーミンカフェ」が、12月5日に香港初上陸した。日本で店舗運営を手掛けるベネリックによる、初の海外出店となる。アジアの経済情報を配信するNNAが伝えた。

  香港1号店のオープンを記念してお祝いに駆け付けたムーミン。(ベネリック提供)(C) Moomin Characters TM
 
香港1号店のオープンを記念してお祝いに駆け付けたムーミン。
(ベネリック提供)©Moomin Characters TM

ムーミンカフェは現在、東京に2店舗、福岡に1店舗の計3店舗を展開。20~40代の女性を中心に支持されている。香港1号店も、作家トーベ・ヤンソン氏が描いたムーミンの世界を表現した作りとなっており、香港限定のパンケーキやフィンランドの家庭料理サーモンミルクスープのほか、鹿肉のデミグラスソース煮込みなどが楽しめる。

店舗は尖沙咀の大型ショッピングモール、海港城(ハーバーシティー)にあり、座席数は73席で、営業時間は午前11時~午後11時。キャラクターグッズ売り場も併設している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ