今年も年賀状にスマホが大活躍 乃木坂46とロッチが利便性にびっくり

歳末の風物詩、年賀状の受け付けが12月15日からスタートした。東京・丸の内のJPタワーで2015年用年賀状の引受開始セレモニーが行われた。

日本郵便の髙橋亨社長が「新しい年賀状へのトライアル」と語る2015年用の年賀状は、人気アプリのLINEとの連携やAR(Augmented Reality、主にスマートフォンを活用した表現技術)を採用し、送る人も受け取る人もより年賀状を楽しめるように進化した。

セレモニーのゲストとして会場に現れたのは、新機能「ぐるぐるAR年賀状」のコンテンツキャラクターを務めた乃木坂46の7人(秋元真夏、生田恵梨花、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ)。スマホを年賀状にかざすと振り袖姿の8人がはがきから“飛び出す”仕掛けになっており、角度を変えてさまざまなポーズで楽しめる。白石さんも「ファン以外でも楽しめるコンテンツになっています」とその出来栄えをアピールした。

さらにメッセージアプリのLINEとのタイアップや、「うごく年賀状」のClip(http://www.jp.clip.cc/)を活用した充実の新機能を、助っ人として登場したロッチの中岡創一さん、コカドケンタロウさんを交えて紹介。LINEとコラボした「はがきデザインキット2015」を使い、住所を知らなくても“LINE友達”であれば紙の年賀状が届けられることを実演。乃木坂46のメンバーもその機能に驚きを示した。

2015年の年賀状は12月15日から受け付け開始、1月1日の確実な配達には「12月25日までに投かんしてください」(髙橋社長)とのこと。

「乃木坂46 ぐるぐるAR年賀状」http://guruguru-ar-nenga.jp/

動く写真がつくれるスマホアプリ「Clip」http://www.jp.clip.cc/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ