電通、米国のデジタル・マーケティング・エージェンシー
「ロケット・インタラクティブ社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は2014年12月17日日付(米国時間16日)で、米国のデジタル・マーケティング・エージェンシー「Rockett Interactive, Inc.」(以下「ロケット・インタラクティブ社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

2004年に設立されたロケット・インタラクティブ社は、ディスプレー広告や検索連動型広告を含むデジタル領域全般のキャンペーンを取り扱っているが、特に、データ分析とアトリビューション領域に強みを持ったエージェンシーである。

具体的には、消費者データや購入データと広告媒体のデータをマッチングさせ、消費者が商品・サービスの購入に至る過程で接触したデジタル広告を時系列に追跡・分析することで、各広告の購入への寄与度を明確にする(アトリビューション)同社ならではの技術を保有しており、顧客による効率的な広告予算の配分に貢献している。

今後、ロケット・インタラクティブ社は、電通グループのグローバルなエージェンシー・ネットワークブランドのひとつで、デジタル・パーフォーマンス・マーケティング領域を専門とするiProspect(アイプロスペクト)ブランドとして事業を展開していく。

電通グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)が行っている「世界の広告費予測」(2014年9月)によると、2013年の米国におけるデジタル広告費は前年比で14.0%増。また、2014年、2015年も、それぞれ16.2%増、17.0%増と高い成長が続くと予測している。

【ロケット・インタラクティブ社の概要】
社名:ロケット・インタラクティブ社(Rockett Interactive, Inc.)
http://rockettinteractive.com/
本社所在地:米国・ノースカロライナ州・ケーリー市
設立:2004年2月
株主構成:電通イージス・ネットワーク 100%(取得後)
売上総利益:US$1,590,000(約1.9億円)(2013年12月期)
代表者:Mark Rockett (CEO)
従業員数:20名
事業内容:データ分析やアトリビューションを中心としたデジタル広告関連サービス

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/1217-003904.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ