読売新聞 大型広告企画

「妖怪新聞 誕生の秘密だニャン!」

アニメ映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」(東宝)が12月20日に公開され、さまざまなプロモーションが展開されている。「妖怪ウォッチは、2013年に『月刊 コロコロコミック』(小学館)で連載開始、同年にニンテンドー3DS用ゲームとして発売。14年からはアニメのテレビ放送(テレビ東京系列)が始まり、子どもたちの間で大ブームになっている。玩具などの関連グッズも爆発的な売れ行きで、「2014ユーキャン新語・流行語大賞」でトップテン入り、電通総研の「消費者が選ぶ2014年の話題・注目商品ランキング」で5位に選ばれた。

映画は、主人公のケータが消えた妖怪ウォッチを取り戻すため、過去の世界に向かい敵と戦うもので、妖怪ウォッチ誕生の物語だ。東宝によると劇場前売り券の販売は100万枚を超え、同社映画史上で最高となった。

映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト2014    グリコ   花王   au
映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト2014
 
 グリコ
 
花王
 
au
             
ダイハツ   日本生命   LIXIL 住宅研究所   サントリー
ダイハツ
 
日本生命
 
LIXIL 住宅研究所
 
サントリー
 

公開初日となった20日付の読売新聞では、広告企画「妖怪新聞 誕生の秘密だニャン!」(協賛=グリコ、花王、サントリー、au、ダイハツ、日本生命、LIXIL住宅研究所)が掲載された。1社ごとにカラー全ページを使った計8ページの大型企画だ。

各社とも商品やサービスを取り上げ、映画のタイトルになぞらえて、それぞれの“誕生の秘密”を紹介。
下段では、関連グッズが当たるキャンペーンを告知した。バックには妖怪ウォッチのさまざまなキャラクターがちりばめられ、カラフルで注目度の高いものになっている。
各社は映画とコラボレーションしたテレビCMも公開に向けて放送。
子どもたちには、一足早いクリスマスプレゼントになったかもしれない。

映画公式サイト:http://www.eiga-yokai.jp/index.php

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ