3Dプリンターで電通本社ロビーのツリーをライブデコレーション

電通のグループ横断型3Dプロジェクトチーム「Dentsu 3D=D3D」は、デジタルファブリケーションがもたらす新しいものづくりのスタイルをクリスマスデコレーションという形で表現した。カブク、ストラタシスジャパン、慶應義塾大SFC田中浩也研究室の協力を得て、東京・汐留の電通本社ビル1階ロビーに3Dプリンターを設置。その場でプリントした立体的なオーナメントを使用した装飾・展示プロジェクト「FabEntrance on Christmas(ファブエントランス・オン・クリスマス)」を実施した。

中央のツリーを囲むようにして並べられたストラタシス社製の3Dプリンター

 

祝祭日を除く12月15日~25日に、ロビーに20台の3Dプリンターを設置し、その場でプリントしたオーナメント大型クリスマスツリーに装飾した。ロビーが3Dプリントアイテムを造形するファクトリーとなり、多様なクリエーターのアイデアでつくられたクリスマスアイテムが次々と装飾され、クリスマスイブの24日にツリーが完成した。

印刷中の様子

 

3Dプリンターでは複雑な形状も組立不要の個体として出力することができる。

 

このプロジェクトは、電通本社ビルのエントランスを社員のクリエーティビティーで変えていく「Good Entrance, Good Innovation」企画の一環。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ