電通年賀会、今年も華やかに

新春恒例の電通年賀会は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の全国5都市で開催。東京は9日、千代田区の帝国ホテル東京で開かれ、広告主、メディア、政界、経済界、スポーツ関係者、各国の駐日大使など招待客約4200人が来訪した。

メーン会場の様子
メーン会場の様子

会場では招待客らが自由に飲食を楽しみながら和やかに賀詞交換を行った。老舗料理店の出店や、バナナの叩き売り、熊手・だるま市、占い処、獅子舞など、新春らしいイベントも用意された。

また「2020年東京オリンピック・パラリンピックPRコーナー」も設けられ、競技紹介のVTRの放映やボクシング村田諒太選手との記念撮影が行われた。

獅子舞
獅子舞

2020年PRコーナー
2020年PRコーナー

お土産には、干支土鈴の他、電通総研が監修した『A HAPPY NEW VISION ’15』が配布された。日本在住の著名な外国人15人が日本への提言を書き初めとして表現したもので、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた企画冊子の一つとしてまとめられている。

『A HAPPY NEW VISION '15』の内容紹介記事は、1月16日以降掲載予定
『A HAPPY NEW VISION '15』の内容紹介記事は、1月16日以降掲載予定

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ