電通、東アジアカップなど東アジアサッカー連盟(EAFF)主催大会における
2016年~2021年の全世界マーケティング権・放送権を取得

電通は、東アジアサッカー連盟(以下「EAFF」)※が2016年から2021年までに主催する全ての大会における、全世界のマーケティング権および放送権(インターネット含む)を継続して取得することでEAFFと合意した。

EAFFの主催大会には、EAFF東アジアカップをはじめ、EAFF女子東アジアカップ、大会予選やU-18ユース大会が含まれる。

電通は、2003年の初回大会からEAFF主催大会のマーケティング権および放送権を取得しており、今回の契約で3度目の更新となる。(過去2回の契約は、2003年~2008年および2009年~2015年)

※  東アジアサッカー連盟(EAFF:East Asian Football Federation)/ 2002年5月に、地域内のサッカーの発展とサッカーを通じた平和への貢献を目的に設立。2003年から2年に1度開催する東アジアサッカー選手権を主催。2013年大会より現在の名称(東アジアカップ)に変更。現在の会長は中国サッカー協会の副会長並びに専務理事である張剣(Jian Zhang)氏。現在、中国、チャイニーズ・タイペイ、グアム、香港、日本、北朝鮮、韓国、マカオ、モンゴル、北マリアナ諸島の10の国・地域のサッカー協会が加盟している。

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0120-003946.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ