1.17のつどい-阪神・淡路大震災20年追悼式典

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災の発生から丸20年となった17日、兵庫県内各地で追悼式典が開かれた。神戸市中央区の県公館では、ひょうご安全の日推進県民会議の式典が開かれ、天皇、皇后両陛下がご臨席のもと、遺族代表や政府関係者等およそ500人が参列した。

正午ちょうどに全員で犠牲者に黙とうをささげたあと、1・17ひょうご安全の日宣言がなされ最後に祭壇に参列者が献花を行い式典はしめやかに執り行われた。

兵庫県公館の祭壇
 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ