産業展示会

「あだちメッセ」開催

足立区(東京都)は1月23、24の両日、区内の企業・団体の先端技術や独自技術、アイデア製品、サービスを紹介する産業展示会「あだちメッセ」(共催=東京商工会議所足立支部、足立成和信用金庫)を、同区のシアター1010(せんじゅ)で開催した。「未来が見える 足立の技術」をテーマに、製造業や情報通信業を中心に約100社がブース出展。技術力やサービスを関係者や生活者にアピールした。

また初日には製品体験コーナーを設け、障がい者向けの手動運転装置や産業用輸送機器の展示、高齢者向けオーダーメード三輪車の試乗を行った。「あだち、美味コレクション」コーナーでは同区発のスイーツ、パン、菓子などの販売も行われ女性客らでににぎわった。

さらに、経済アナリスト・森永卓郎さんの記念講演会「未来を明るくするヒント ~どうなる?足立のくらしと経済~」をはじめ、両日ともビジネスセミナーが実施され、2日間で約5千300人の来場者があった。

公式サイト:
http://adachi-messe.com/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ