映画館にモノノフが集結 ももいろクローバーZ主演『幕が上がる』完成披露試写会

1月27日、東京・新宿のバルト9にて映画『幕が上がる』の完成披露試写会と舞台挨拶が行われた。主演のももいろクローバーZ(百田夏菜子さん、玉井詩織さん、佐々木彩夏さん、有安杏果さん、高城れにさん)の5人と「踊る大捜査線」シリーズなどで知られる本広克行監督が壇上に現れると、客席に詰めかけたモノノフたちからの大きな歓声が上がった。舞台挨拶に先立って上映された「幕が上がる」本作にも特別出演し、自身もモノノフ(ももいろクローバーZのファンのこと、本来は武士の意味)として知られているフジテレビの三宅正治アナウンサーも司会として登場。

コンサート会場さながらお決まりの自己紹介と点呼でファンと一体の雰囲気を作りながら、メンバーそれぞれが「映画は観客と一緒につくるものだと思うので、今日が完成への第一歩。ぜひ多くの人に広めてください」(百田さん)などとコメントした。

さらに、この日はももクロ本人たちもびっくりのゲストが“重大発表”を携えて登場した。観客席の一角から現れたのはMLB・ニューヨークヤンキースの田中将大投手。驚きに包まれながら壇上に降りると、高城さんも「そんなにデカいのによく誰にもバレなかったな」と思わずこぼした。田中投手からは「史上最大のプロモーション大作戦 行くぞ、全国!待ってろ、全館!」と題したプロジェクトが発表された。これはももクロ5名が全国127館で舞台挨拶をするという企画で、主演俳優の舞台挨拶では史上初の試みとなる。

作品は劇作家・演出家の平田オリザ氏による女子高の演劇部を描いた同名の小説が原作。映画版でも同氏が演技監修に加わっており、高校演劇の世界がリアルに描かれている。田中投手が「自分の高校時代の部活を思い出した」と語ったように、演劇の世界を知らずとも部活に燃えた青春時代を重ねることができる仕上がりとなっている。シーンを重ねるごとに役としてだけでなく女優としても成長していく、ももクロの5人の熱演にも注目だ。公開は2月28日から。

参照:
映画「幕が上がる」公式サイト(http://www.makuga-agaru.jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ