フィリピン発★日本紹介イベント開催 FB通じ200人参加

マニラ首都圏マカティ市で2月、フィリピン人旅行者の目線で日本を紹介するイベントが開催され、日本に関心がある若者約200人が集まった。その多くはフェイスブックの「エンジョイジャパンPH」(EnjoyJapan.PH)を通じて応募した。アジアの経済情報を配信するNNAが伝えた。

同イベントでは、人気のフィリピン人ファッションブロガーのトリシア・ゴシンチアンさんが日本旅行の体験を語った。この他にも、原宿ファッションをイメージしたショーや、ケーブルテレビ「ジプニーテレビ」で放送される日本のドラマ番組の紹介なども行われた。

日本の総務省は現在、「放送コンテンツ海外展開強化促進モデル事業」として、ASEAN6カ国でメディアを活用した「クールジャパン」の浸透を展開中だ。フィリピンでは昨年11月から今月にかけて、フィリピン人タレントらが日本各地を訪れる番組を放送。事業では交流サイトの立ち上げも手掛けており、今回のイベントもその一環という。

フジテレビ国際開発局事業開発部の秋山大デスク担当部長は、「制作協力を行った民放ABS-CBNとは、お互いの意見を尊重しあって番組を作り上げた。フィリピンの人々に日本の素晴らしさを伝える良い機会になった」と話している。

日本旅行の体験を語るトリシアさん(NNA撮影)

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ