映画『幕が上がる』 公開に先がけ、メディアジャック

2月28日(土)から公開の映画『幕が上がる』製作委員会は、“史上最大のプロモーション大作戦(※当社比)”として、マス媒体、ウェブ、交通広告などをジャックしたキャンペーンを行っている。

このプロモーションは、主演のももいろクローバーZのメンバー自らが、映画の宣伝活動の一環として、①上映劇場全127館での舞台あいさつ行脚、②さぬき映画祭でのライブ&トーク付『幕が上がる』特別先行上映およびライブビューイング、③テレビでの特別番組放送 などを展開。その最後の4つ目として、協賛企業3社(米久、イオンモール、スカパーJSAT)の連合広告キャンペーンを実施している。

第4弾は公開に合わせた2月中旬から3月上旬にかけ、下記の内容で実施。

・都内近郊63駅での100枚写真展
・テレビCM(各社)
・全60段 等身大新聞折り込み広告
・201種類のオリジナルデジタルサイネージ
・駅構内柱巻きポスター

都内近郊のあらゆるところに、ももクロが出現中!!
参照:映画『幕が上がる』プロジェクトサイト(http://maku-daisakusen.jp/

都内近郊63駅での100枚写真展(一部)

 

メッセージ広告

 

オリジナルデジタルサイネージ

 

全60段 等身大新聞折り込み広告

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ