電通、ギリシャのデジタルエージェンシー「マインドワークス社」の株式80%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、成長著しいギリシャのデジタル市場への対応を強化するため、同国のデジタルエージェンシーである「Mindworks S.A.」(以下「マインドワークス社」)の株式80%の取得と、2017年以降に完全子会社化するオプションを電通グループが有することにつき、マインドワークス社株主と合意した。

2003年に設立された「マインドワークス社」は、2009年にギリシャのAtcom Internet & Multimedia S.A.(以下「アットコム社」)に買収され、同社の一部門となっていた。2015年1月に、アットコム社がマインドワークス部門を分離、独立させることに合意したことから、今回の株式取得に先立ち、新会社の社名を当社グループのグローバルネットワーク・ブランドであるIsobar(アイソバー)とiProspect(アイプロスペクト)を冠した「アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社」に変更していた。

アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社はデジタル広告サービス全般を取り扱っている。なかでもソーシャルやモバイル領域の戦略策定やクリエーティブに強みを持ち、顧客に多くのグローバル企業を抱えている。イノベーティブな同社が新たに電通グループに加わることで、ギリシャにおける当社グループの既存メディアサービスとの補完関係が成り立ち、顧客企業に統合的なフルサービスを提供することが可能になる。

【マインドワークス社(現アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社)の概要】
社名:アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社
(Isobar-iProspect Advertising Services S.A.)
本社所在地:ギリシャ・アテネ市
設立:2015年1月
(前身のマインドワークス社は2003年設立。2009年にアットコム社に買収され、2015年1月に分離・独立)
株主構成:買収手続き完了後
・電通イージス・ネットワーク 80%
・同社経営幹部 20%
収益(Revenue):7,280,000ユーロ(約9.8億円)
※アットコム社の一部門であったマインドワークス部門の2014年12月期における部門収益
代表者:Costas Mantziaris(CEO)
従業員数:60名
事業内容:デジタル広告サービス全般

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0312-003993.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ