トヨタ 

IOCのTOPパートナーに決定! 

自動車会社で初

トヨタ自動車は3月13日、IOC(国際オリンピック委員会)との間で、「TOPパートナー」契約を締結し、千代田区の帝国ホテル東京で発表会を行った。自動車会社がTOPスポンサーになるのは史上初だ。

IOC委員兼日本オリンピック委員会会長の竹田恆和氏(右)と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長(左)も駆け付けた

TOPパートナーは、IOCのスポンサー契約の最上位に位置するもので、宣伝活動において公式スポンサーであることや、オリンピックのロゴマークをワールドワイドで使用することができる。パートナーは1業種1社に限定され、現在コカ・コーラやマクドナルドなどの世界的な企業がパートナー契約をしている。日本企業では、パナソニック、ブリヂストンに次いで3社目となった。

トヨタ自動車の契約期間は2015~24年(15~16年は日本国内のみの権利。17年からはグローバルが対象)で、主な対象商品は新設された「モビリティー」カテゴリー(乗用車、小型モビリティー、商用車などの車両とITSやテレマティクサービスなどのモビリティーサービスなど)となる。

豊田章男社長は「TOPパートナーの名に恥じず、『トヨタを選んでよかった』と思ってもらえるように、オリンピックムーブメントに貢献したい。スポーツの力を『平和で差別のない、より良い社会づくり』に役立てる手伝いをしたい」と抱負を述べた。

IOCのトーマス・バッハ会長は「『オリンピック・アジェンダ2020』は、オリンピックの未来に向けた戦略的ロードマップだ。アジェンダに掲げた持続可能なモビリティー・ソリューションを提供する重要なパートナーとして、トヨタを歓迎する。この契約は、IOCとオリンピックムーブメントの未来に対する、同社の強力なコミットメントの表れだ」とあいさつした。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ