「Decoded Fashion Tokyo Summit 2015」に電通がプロジェクトパートナーとして参画

ファッションの未来に向け、ファッション関連業界とデジタルテクノロジー業界の幹部・有識者が一堂に会するイベント「Decoded Fashion Tokyo Summit 2015」(7月9日、主催:合同会社コンデナスト・ジャパン〈以下「コンデナスト」〉)に、電通がプロジェクトパートナーとして参画する。

ニューヨーク発のグローバルイベント「Decoded Fashion Summit」は、テクノロジーの活用によるファッション業界の新たな姿の創出を目指し、ファッション・美容・リテール業界とデジタル業界のトップが集う場として、これまでニューヨーク、ロンドン、ミラノなどで開催されてきた。日本での開催は、『VOGUE JAPAN』などを出版するコンデナストが主催。

電通はコミュニケーションの観点から、ファッション業界のデジタル活用と、テクノロジー企業や起業家のファッション業界への参画を支援する。

【Decoded Fashion Summit】
2011 年にLiz Bacelar(リズ・バセラー/写真)氏が創設した「Decoded Fashion(デコーデッド・ファッション)」が開催するイベント。サミットの他に、ミートアップ(SNSなどを通じて参加者を募るイベント)がオース トラリア、ブラジル、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランドなど世界12カ国で開催されている。

【開催概要】
名称:Decoded Fashion Tokyo Summit 2015
テーマ:FASHION IN THE DIGITAL WORLD-ENGAGING TOMORROW'S CONSUMER ~未来のファッション・ユーザーを探して~
日時:2015年7月9日(木)10:00~17:30
会場:東京アメリカンクラブ 東京都港区麻布台2-1-2
主催:コンデナスト・ジャパン
プロジェクトパートナー:電通
公式サイト:http://www.tokyo.decodedfashion.com

【コンデナスト・ジャパン会社概要】
コンデナストは米Advance Publicationsの一部門。『VOGUE』『GQ』『WIRED』『Conde Nast Traveller』『Vanity Fair』などのメディア・ブランドを持ち、世界27の国と地域で、128の雑誌と約100のウェブサイト、200以上のタブレット・スマートフォン向けアプリを展開。媒体事業に加え、世界各地で展開中の「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT」「GQ Men of the Year」「WIRED CONFERENCE」や、ロンドンで開講した「Conde Nast College of Fashion & Design」、また、レストラン事業なども手掛けている。国内では、コンデナスト・ジャパンが1999年7月に創刊した『VOGUE JAPAN』をはじめ、『GQ JAPAN』『WIRED』『VOGUE GIRL』などのメディア事業を展開している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ