US発★米アカデミー賞の視聴者減、広告料は過去最高

ABCが2月22日に中継した第87回アカデミー賞の視聴者数は、過去10年間で3番目の低水準となる3660万人。米調査会社ニールセンによると、2004年以来最多の4300万人を記録した昨年から15%減少した。

今年の視聴者数が落ち込んだ要因は、受賞作「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を含む作品賞のノミネート作品8作が、「アメリカン・スナイパー」を除いて大作ではなかったことだ。一方で、今年のアカデミー賞中継の広告枠は過去最高値を記録した(訳注6)。ABCは1枠30秒のスポット広告を平均195万米㌦(昨年の料金を8%上回る)で販売した。

デジタルビデオレコーダー(DVR)メーカーのティーボが調査したところ、スポンサー広告の中で視聴者の関心が最も高かったのは順に、AT&TのCM、マクドナルド、3ゼネラル・モーターズの「キャデラック」の広告だった。

今年はアカデミー賞だけでなく、エンターテイメント関連の授賞式の視聴率が軒並み不振に終わっている。NBCが1月に放送したゴールデン・グローブ賞は前年比8%減の1930万人、2月上旬にCBSが中継したグラミー賞は前年比11%減の2530万人だった。 

アカデミー賞で司会を務める俳優のニールパトリックハリス氏
出典 Ad Age
Oscar Advertisers Paid Record Prices for a 15% Drop in Audience

http://adage.com/article/media/oscar-advertisers-paid-record-prices-15-audience-drop/297277/

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ