電通、顔の撮影のみで心拍数を計測し心の緊張を緩和するスマートフォン向けアプリ「Pace Sync」を開発

電通は、旭化成が保有する非接触脈波検出技術を応用し、心の緊張を緩和するスマートフォン向けアプリケーション「Pace Sync」(ペースシンク)※1を開発した。iOSとAndroid の両OSに対応し、本日からサービスの提供(無料)を開始した。

「Pace Sync」(http://www.pacesync.com/)は、スマートフォンで顔を撮影するだけで心拍数を計測し、その鼓動に最適化されたテンポのアニメーション動画を自動再生することでユーザーの緊張を緩和する。深呼吸を適切なペースで繰り返すよう求めるガイダンスを動画内に表示し、ユーザーをリラックス状態へと導いていく。

例えば、試験や試合を前にしたユーザーが深呼吸をしながらテンポの緩やかなアニメーション動画をおよそ1分間視聴し、気分を落ち着かせる、といった用途が考えられる。

企画・開発はユーザー体験のデザインに特化した電通のスペシャリストグループ「エクスペリエンス・デザイン・スタジオ」※2が行い、旭化成の融合ソリューション研究所※3が開発した非接触の脈波検出技術を活用している。肉眼では見えない人間の顔色変化を、スマートフォンのカメラを通じ検出することで、ユーザー自身が特別なデバイスを身体に装着することなく心拍数の推計値が算出可能となった(このアプリで計測できる心拍数はあくまで推計値であり、医療行為などには対応していない)。

電通と旭化成は、「Pace Sync」の提供を通して、バイタルセンシング(生体情報の計測・活用)やヘルスケア領域でのサービス/プロダクトの開発・事業化に向けた知見の蓄積を行っていく。

■「Pace Sync」の画面イメージ

※1 「Pace Sync」は電通の商標登録。
※2 電通の「エクスペリエンス・デザイン・スタジオ」は、社内の多様な分野のスペシャリストが集結し広告制作にとどまらない体験価値の創出を目的に、事業開発やサービスデザインを行っている横断型組織。
※3 旭化成の「融合ソリューション研究所」は、センサ技術・情報処理技術を中心としたソリューション開発を行い、広く社内外の優れた技術と横断的に融合して、ハードとソフトの領域をまたぐ「新しい概念の市場価値創出」を目指している。

「Pace Sync」のロゴマーク

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ