フィガロジャポン創刊25周年記念イベント

シークレットゲストも登場!

雑誌「フィガロジャポン」を発行するCCCメディアハウスは、同誌が創刊25周年を迎えたことを記念し、3月28~29日に東京・渋谷区の表参道ヒルズでアニバーサリーイベントを開催した。タイトルは、世界の旅をテーマとした記事が多い同誌らしく「素敵な旅を!」を意味する「Bon Voyage」。

28日のプレミアムセレモニーに登壇した西村緑編集長は、「読者の皆さまと、25年間ご協力いただいたすべての皆さまに感謝します。その感謝の気持ちを表現するため、フィガロの誌面そのものを体験するイベントとして企画したのが『Bon Voyage』です」とあいさつした。

続いて、3月20日発売の同誌5月号から始まった新連載「アンシャンテ、ユーミン!」を担当する歌手の松任谷由実さんもシークレットゲストとして登場。「フィガロが選ぶ美しい旅人」に選ばれ、連載のオファーを快諾したという松任谷さんは、「連載の対談を通じ、すでに知っていると思っている土地でも勉強し直すため、もういちど旅をできたように感じました」とコメントした。

松任谷さんは続いて、作家の原田マハさんとのプレミア対談にも出演。松任谷さんと原田さんはお互いの作品を愛する間柄で、「アンシャンテ、ユーミン!」の第1回ゲストも原田さんが務めた。ステージ上では旅をテーマとしたトークが展開され、「自分にとって旅とは?」の質問に、松任谷さんは「月並みですが、『自分探し』です」と語り、締めくくった。
そのほか、イベント会場では世界のグルメや雑貨マルシェなど、フィガロジャポンの世界観を実現した30以上のコンテンツが用意され、同誌で活躍するイラストレーターによる似顔絵制作やスタイリストによるチャリティーマーケットも行列ができる人気ぶりだった。
西村編集長は、25周年の抱負について「今後とも、新しい発見がたくさんあるようなフィガロの旅を続けていきたい」とコメントしている。

松任谷由実さん

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ