「The Japan Times On Sunday」が米の紙面デザインコンペで2年連続優秀賞

ジャパンタイムズが発行するタブロイド判日曜紙「The Japan Times On Sunday」が、第36回ベストニュースデザインコンペティション(主催=ニュースデザイン協会<本部・米フロリダ州>)の特集記事紙面デザイン部門と紙面・デジタル連動部門で優秀賞を獲得した。同紙の入賞は、昨年のリデザイン部門での優秀賞に続き2回目。今年は三つの特集紙面のページデザインが評価され受賞につながった。

特集記事紙面デザイン部門で選ばれた「Rediscovering lost Tokyo」は現代の東京の写真に江戸時代の浮世絵を大胆に組み合わせて東京を描写。紙面・デザイン連動部門で選ばれた「Code+culture」では、アーティストの作品を動画やポップアップ画面を豊富に用いて表現し、統一感のあるデザインで仕上げた。

世界各国のニュースメディアのデザイン関係者が所属するニュースデザイン協会は毎年、同コンペを開催し、デザイン性の高い紙面を表彰している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ