電通を創った男たち #01

連載「電通を創った男たち」について

  • No color
    グループD21
    株式会社電通OB

連載「電通を創った男たち」について

 

これまで「電通らしさ」の多くは、第4代社長・故吉田秀雄ひとりによって世に語られてきました。吉田秀雄を得たことは電通の幸運でしたが言うまでもなく電通は多彩で有能な多くの人たちによって創られ、今日まで発展してきたのです。

 電通は“人の会社”です。「人が財産」の会社として、これまでほとんど注目されてこなかった優れた先達のことを語り継いでいく必要があります。それが電通の企業文化の基礎になっていると思うのです。

 今回の連載「電通を創った男たち」は、電通の歴史の中でユニークな活動をした人々を取り上げ、それぞれの独創的な活動から電通という企業の個性を浮かび上がらせようという狙いです。

 電通はこのような人間群像によってしか表現できない会社なのです。

 連載で取り上げる人々の人選のポイントは次の3点です。

  • 今日の電通の魅力の源泉となる人
  • ビジネスの礎を築き、あるいは新生面を切り開いた人
  • 現役のビジネスマンも仕事をしていく上でヒントになる人

そして戦後の電通で活躍した人に絞り、社長になった人、生存している人は除外しました。

 この連載を執筆するのは、以上の考えに賛同した岡田芳郎、北野邦彦、上野義矩、深川英雄、伊藤徳三の5人の電通OBで、「グループD21」と名付けました。

第1期として次の6人を取り上げる予定です。

木原通雄(ラテ局)……執筆・岡田

田中寛次郎(PR・広報)……執筆・北野

新井静一郎(宣伝技術局)……執筆・深川

尾張幸也(ラジオテレビ企画制作局)……執筆・伊藤

塚本芳和(メディア開発局、総合計画室)……執筆・北野

阿部忠夫(新聞雑誌局、連絡局)……執筆・上野

 

連載をお読みいただき、電通を創った男たちに想いを馳せ、創造的に生きるヒントにしていただければありがたく思います。

 

                グループD21一同

 

VOL.1「電通電波ビジネス黎明期の牽引者 木原通雄」は、11月5日から連載を開始します。

プロフィール

  • No color
    グループD21
    株式会社電通OB

    この連載を執筆する電通OB有志で構成するグループです。

バックナンバー

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ