電通、イスラエルのデジタルエージェンシー
「アバガダ・インターネット社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、イスラエルと周辺諸国におけるデジタルサービスの強化とプレゼンスを向上させるために、同国のデジタルエージェンシー 「abaGada Internet Ltd」(以下「アバガダ・インターネット社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。

2010年に設立されたアバガダ・インターネット社は、単なる検索エンジン対策のためのSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)にとどまらず、顧客やユーザーの行動分析などさまざまな内的・外的な要因を把握し、成果につなげるデジタル・パフォーマンス・マーケティング領域に強みを持っている。また、検索エンジンからオウンドメディア(自社ウェブサイトなど)への訪問者を増やすSEM(サーチエンジンマーケティング)や、ソーシャルメディアと連動したオウンドメディアのコンテンツ制作・発信など多様なサービスを提供している。顧客の多くはイスラエル国内で活動する企業であるが、多国籍企業の顧客向けには、EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)内の40ヵ国でサービスを提供している。

イスラエルには優れたベンチャー企業が多数存在し、第2のシリコンバレーと呼ばれているように、同国の技術革新力には定評がある。アバガダ・インターネット社も高い技術力と開発力を保持していることから、電通グループでは同社を周辺諸国・地域におけるデジタル技術のハブとして機能させる予定。

これまで電通グループのイスラエルにおけるサービスは、グローバルネットワーク・ブランドのひとつで、メディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)を通して行ってきた。今回の買収を機に、アバガダ・インターネット社の社名を電通グループのグローバルネットワーク・ブランドのひとつでデジタル・パフォーマンス領域に強みを持つiProspect(アイプロスペクト)へと改称し、カラとのメディア/デジタル領域での連携体制を強化していく。

【アバガダ・インターネット社の概要】
社名:アバガダ・インターネット社 (abaGada Internet Ltd)
本社所在地 :イスラエル テルアビブ市
設立:2010年5月
株主構成:買収手続き完了後
電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):350万英国ポンド(約6.2億円)(2014年12月期)
代表者:Eyal Chen(CEO)
従業員数:22名
事業内容:デジタル・パフォーマンス・マーケティングを中心にデジタル領域全般のサービスを提供

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0420-004030.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ