電通、タイムアウト東京と共同で
『タイムアウト東京マガジン』の中国語版を創刊
― 激増する訪日中国人向けに特化したメディアとして年に2回発行 ―

電通は、タイムアウト東京株式会社(以下「タイムアウト東京」)と共同で、同社が発行するフリーマガジン『Time Out Tokyo Magazine』(タイムアウト東京マガジン)の中国語版を2015年6月に創刊する。
タイムアウト東京は、ロンドンを本拠地に世界37ヵ国85都市で展開されているシティガイド「Time Out」東京版として、英語版マガジンをはじめ、ガイドブック、ウェブサイト、アプリなどを運営している。「Time Out」は2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックでは公式トラベルガイドとして採用されるなど、1968年の創刊以来グローバルにブランド力のあるシティガイドとして知られている。

今回、電通とタイムアウト東京が共同で発行する中国語版は、2014年以降の訪日中国人の激増を背景に、訪日中国人向けに特化したメディアとして年2回発行していく。 配布場所は、空港、観光案内所、地下鉄主要駅、ショップ、カフェ、レストラン、ホテルに加え、訪日前の現地空港なども想定しており、10万部の発行(繁体字5万部、簡体字5万部)を予定している。マガジンの体裁はA4変形/84ページ。
創刊号は、シティガイドとしての役割に加え、東京での購買を喚起する「Tokyo Shopping Guide」としての役割を担えるメディアを目指す。週末に買い物目的で中国から東京に訪れる個人旅行客のニーズに合わせて、旬な商品情報・東京情報を先取りし、一冊で買うべきもの、行くべき場所をガイドできるものにする予定。 中国で発行している『タイムアウト上海』『タイムアウト北京』『タイムアウト香港』で築いたマガジンへの期待やブランド力を有効に活用し、相乗効果を生み出すことで、訪日中国人向けに特化したソリューションを展開していく。

<タイムアウト東京の会社概要>

会社名:タイムアウト東京株式会社(英語表記:Time Out Tokyo Inc.)http://www.timeout.jp/ja/tokyo
所在地:東京都渋谷区広尾5-9-9 プレステージュ広尾101
代表者:伏谷 博之(代表取締役)
設立日:2009年7月31日
事業内容 :インターネットメディアの運営や出版事業などを展開

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0422-004031.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ