電通ブルー、世界中のスマートフォンのカメラと繋いで写真が撮れるアプリ「ChainSnap(for Android)」を先行提供開始

電通ブルーは、世界中の人とスマートフォンのカメラを共有できるアプリ「ChainSnap」(チェーンスナップ)を4月27日からAndroid端末向けに先行提供を開始した。iOS版のリリースも近日中に予定している。

「ChainSnap」は世界中のユーザーとスマートフォンのカメラを共有できるカメラアプリ。自分のスマートフォンから他のユーザー(最大24人)のスマートフォンのカメラで写真を撮ることができる。手に入れた写真をカメラロールに保存したり、スライドショーを作成したりすることも可能。SNSやメールを使った写真の共有もアプリから簡単に行え、国内にいながら海外のユーザーのカメラで写真を撮影したり、友達同士でカメラをつなげてつくったユニークなスライドショーをSNSへ投稿したり、イベントやライブ会場に設置されたカメラとつなげて臨場感のある写真を撮るなど、新しいコミュニケーションと体験を提供する。

ChainSnap機能概要
・世界中にいるユーザーのカメラを借りて撮影(最大24人まで)
・手に入れた写真はカメラロールに保存
・写真をつなげてスライドショーが簡単に作成可能
・SMS, Facebook, Twitter, メールなどですぐに共有
・ChainSnapで友達やクリエーティブな仲間を検索

■「ChainSnap」概要
タイトル: ChainSnap(チェーンスナップ)
配信開始日:2015年4月27日(月)
配信形式:スマートフォン(Android端末)向けアプリ
カテゴリ:写真
利用料:ダウンロード無料
権利表記: ©Dentsu Blue Inc.
対応OS:Android4.4以上 ※一部非対応の端末があり
対応言語:日本語、英語
サービスURL : http://chainsnap.me
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=me.chainsnap

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ