電通、米国のスポーツエージェンシー 「アスリーツ・ファースト社」の持分33.3%取得で合意

電通の海外子会社「電通スポーツLLC」は、米国のスポーツエージェンシー「Athletes First, LLC」(以下「アスリーツ・ファースト社」)の持分33.3%を取得することにつき、同社メンバーと合意した。
2001年に設立されたアスリーツ・ファースト社は、世界最大のスポーツ市場である米国において、アメリカンフットボールのプロリーグNFLを中心に、選手・コーチ・テレビ放送の解説者などに対する報酬契約エージェント事業やマーケティング事業などを行っている。NFLは、米国4大スポーツの中でも群を抜いた人気と経済規模を誇り、特に全米No.1を決定するスーパーボウルは、米国テレビ番組史上歴代視聴者数トップ10のうち9番組を占める。アスリーツ・ファースト社とのNFL契約選手数は全米最大級であり、米経済誌のフォーブスは、スポーツビジネスのエージェンシーとして世界8位、NFLのエージェンシーとして全米トップクラスと高く評価している。
電通はこれまでも、米国プロスポーツのマーケティング権や放送権を取得してビジネスを行ってきたが、今回の出資は、NFLを核とした巨大米国スポーツビジネスの中枢を担うエージェンシーに対して行うものとなる。
今後同社は、アスリーツ・ファースト社とともにエージェント業の更なる拡充と多角的なスポーツマーケティング事業を、米国を中心に全世界で進めていく。

〈アスリーツ・ファースト社の概要〉
社名:アスリーツ・ファースト社 (Athletes First, LLC)
本社所在地:米国 カリフォルニア州 ラグーナヒルズ市
設立:2001年2月
持分構成:出資後
電通スポーツLLC 33.3%
アスリーツ・ファースト社メンバー 66.7%

収益(Revenue):約1,000万ドル(約12億円)(2014年12月期)
代表者:David Dunn(CEO)
従業員数:19名
事業内容:NFLの選手・コーチ・テレビ放送の解説者などなどのエージェント業、マーケティング事業を中心とするサービス
電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0507-004042.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ