青森~東京 1000kmリレー 

参加者募集開始

東京都と都スポーツ文化事業団は、2015年7月24日から8月7日までの15日間、東日本大震災の被災地を縦断する「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2015」を開催する。今年で3回目の開催で、スタート日は2020年東京オリンピックの開会5年前に当たる。

未来(あした)への道 1000km縦断リレー2015
過去のイベントの様子

同リレーは、青森県庁―東京・江東区のシンボルプロムナード公園間、約1250キロ・全162区間(予定)をランニング(1~10キロ程度/区間)と自転車(10~30キロ程度/区間)により、リレー形式でつなぐイベントだ。競走ではなく、たすきをつなぐことを通して、復興へ向けた取り組みや被災地の現状を発信し、震災の記憶の風化を防止するとともに、全国からの参加者と被災者との絆を深めることを目的にしている。

今回は初めて大会のアンバサダーを設け、元マラソン選手の高橋尚子さん、ハンマー投げの室伏広治選手、プロ車いすテニスプレーヤーの国枝慎吾選手が就任した。3人は「震災の記憶を風化させてはいけない。それを胸にたすきをつなぐ」「復興をスポーツの力で後押しするという趣旨に賛同した」「参加者と一緒にリレーできることが楽しみだ」などメッセージを寄せた。

高橋尚子さん、室伏広治選手、国枝慎吾選手

イベントでは、障がいの有無や年齢にかかわらず参加でき、トップアスリートと共に走る「ふれあいランニング」区間の他、ミニランニング教室や地元と連携した盛り上げ企画、アトラクションなども予定されている。

5月13日からは参加者の募集が始まった(6月14日まで)。募集人員はランニングが約900人、自転車が約100人。申し込みは公式ホームページhttp://www.1000km.jp/)から。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ