Mr.アデランスコンテスト グランプリ発表会

アデランスが「Mr.アデランスコンテスト」グランプリ発表会と「ヘアパーフェクト リベラI」I新商品発表会を開催

アデランスは10月16日、創業45周年記念の「Mr.アデランスコンテスト」グランプリ発表会と「ヘアパーフェクト リベラII」新商品発表会を、港区のグランドハイアット東京で開催した。「日本の髪を元気にしたい」と企画した同コンテストでは、アデランス製品による増毛でヘスタイルや自分らしさを演出したいユーザーを対象に参加者を募集、審査員と一般ウェブ投票によりグランプリを決定した。

アデランスの石古茂副社長は「このコンテストは、日本中の頭髪に悩む男性にもっと自由にいろいろなヘアスタイルを楽しみ、増毛の喜びを知ってほしいという思いから企画した。これからもトータルヘアソリューションを提供していきたい」とあいさつした。

ゲスト審査員は俳優の船越英一郎さんや同コンテスト実行委員長の中山雅史さん、元サッカー選手のアルシンド・サルトーリさん、タレントの佐々木もよこさんが務め、アデランス会長兼社長の根本信男審査委員長と共に最終審査を行った。Mr.アデランスグランプリは、ウェブ投票結果でも1位だった藤田大作さんが受賞した。

中山さんは「受賞した人たちだけでなく、応募した全ての人たちがまた何かに向かって挑戦してほしい」とコメントし、佐々木さんは「皆さんがすてきになって笑顔もキラキラしている。世の中の男性に勇気を与えた」と感想を述べた。Jリーグがスタートした年にアデランスのCMに起用されたアルシンドさんは、この20年でアデランス製品が進化したことに触れながら、「アルシンドになっちゃうよ~」や「トモダチならあたりまえ~」など往年の名フレーズで会場を沸かせた。根本審査委員長は「今後もより良い製品を作っていきたい」と締めくくった。

「ヘアパーフェクト リベラII」の新商品発表会で、CMキャラクターの船越さんは「製品を念入りにチェックしましたが、毛穴や生え際の精密さに驚かされた」とクオリティーの高さをアピール。コンテストについては「みなさん本当にすてきだった。これから将来の夢に向かうストーリーの主人公としてマッチした方を選んだ」と、語った。

左からアルシンドさん、中山さん、アデランス・石古副社長、グランプリ受賞の藤田さん、

根本審査委員長(アデランス会長兼社長)、船越さん、佐々木さん

        

 

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ