電通とコロプラ、位置情報マーケティングサービス「miraichi(ミライチ)」の提供を開始

電通と、コロプラは、5月20日より、人々の移動傾向を可視化する新たなマーケティングサービス「miraichi(ミライチ)」の提供を開始した。
「miraichi」は、KDDI株式会社(以下「KDDI」)とコロプラが作成・販売する位置情報ビッグデータレポート※に、電通のマーケティング知見を加えることで、人々のリアルな動きを分析する新しいサービス。
「位置情報からひもとく未来分析」を掲げる本サービスは、対象者の記憶に頼る従来のアンケート調査だけでは把握しきれなかった生活者の移動傾向を、クライアントのニーズに応じた切り口で分かりやすく可視化できるため、流通・小売業はもちろん、都市開発に関わる企業・団体や自治体など、広範な業種における意思決定に役立つサービスとなっている。
具体的な機能としては、対象エリアへの来訪者の発地地域や性別・年齢層に加え、滞在時間や来訪頻度といった人々の移動傾向を時系列で把握することが可能。これにより、商圏分析や出店戦略の策定のみならず、販促活動の効率的なプランニングや、競合他社を含む顧客ロイヤルティーの把握、各種施策の効果測定などに活用することができる。 本サービスの提供開始に先立ち、大手流通企業を対象に実証実験を行ったが、その顧客動態分析では、新規店舗と既存店舗での顧客構造の違いの解明や来店促進の課題抽出に大きな成果を上げている。
今後、電通とコロプラは「miraichi」を流通・小売業や観光・旅行業、テーマパーク運営や都市開発に関わる企業向けに提供していく。
※電通に提供される情報は、KDDIとコロプラが提供する「Location Trends」によって作成された 統計情報としてのレポートであり、KDDIが保有する契約者の情報やスマートフォンの位置情報 ビッグデータは含まれない。また、電通がレポートから個人を特定・再識別化することもない。

「Location Trends」の詳細については、http://www.location-trends.com/
電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0520-004054.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ