羽田空港ターミナル60周年展 国内最大級の空港写真展を開催

日本空港ビルデングは5月20日から羽田空港旅客ターミナルビル開館60周年を記念し、第1・第2旅客ターミナルビルの出発ロビーで、国内最大級の空港写真展を開催している。

1955年の開館以来、60年の歴史を重ねる羽田空港旅客ターミナルビルのこれまでの姿を、出発ロビーや周辺のエスカレーターを中心に施設の高さや広さを生かしたスケール感で展示する。観覧は無料。

田空港第1旅客ターミナルビル出発ロビー ※掲載写真はイメージです。
羽田空港第2旅客ターミナルビル・ラウンドガラス壁面 ※掲載写真はイメージです。
第2旅客ターミナルビル出発ロビー ※掲載写真はイメージです。
第1旅客ターミナルビルエスカレーター ※掲載写真はイメージです。

開館当時から現在まで、戦後間もない羽田の地に空港ターミナルをつくって飛行機を飛ばすために奔走した人々の姿や、数多くの挑戦を総計498枚の写真で振り返る。世の中の記憶から消えかけてしまったかつての羽田空港の姿を、日本空港ビルデングなどが保有する未公開を含む3万点以上の写真から選りすぐった、期間限定の特別なイベントだ。なお、展示総面積2,165.54㎡はジャンボ機の翼(541㎡)約4機分に相当する。

 羽田空港旅客ターミナルビル開館60周年記念ウェブサイト 

今回の60周年を記念して、パソコンやスマホなどウェブサイト上でもバーチャル写真展を開催している。
URL: www.haneda-terminal60th.jp

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ