中国発★ローソン、上海で「バービー」とタイアップ

ローソンが世界中で親しまれている着せ替え人形「バービー」とタイアップし、話題となっている。アジアの経済記事を伝えるNNAによると、ローソンはこのほど、米玩具メーカーのマテルと提携し、中国の上海市徐匯区にバービーをテーマとした店舗を7月31日までの期間限定でオープンした。

店内はバービーのイメージカラーであるピンクで統一され、カラフルでポップな内装が施されている。目玉商品は、今年2月から中国のローソンでテスト販売しているミニサイズのバービー人形で、タイアップ店の開店と同時に中国限定で本格販売をスタート。6月1日の児童節(こどもの日)からは上海市の全店で取り扱う予定だ。ローソンの上海法人・上海華聯羅森の張晟総経理は「今後は住宅エリアでの出店に重点を置く中で、若年層になじみのあるバービー人形は魅力的な商品になるだろう」と期待している。

ローソンは中国国内の北京市、上海市、重慶市などに、4月末時点で合計515店舗を展開。将来的には中国だけで1万店舗を目指す目標を立てている。

ローソン

ピンク色で統一されたバービー・タイアップ店の店内

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ