26万人の熱気が秋田を包む
「輝」テーマに東北六魂祭

東北6祭りが一堂に会する「東北六魂祭2015 秋田」(主催=同祭実行委員会)が5月30、31の両日、秋田市で開かれた。開催5回目となる今回のテーマは「輝」。青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつりが集結し、パレードやステージイベントを繰り広げ、全国から訪れた26万人を魅了した。

パレードのコースは県庁第2庁舎から県児童会館までの山王大通り約1.2キロ。夕刻にスタートした30日にはクライマックスに六魂祭で初めて竿燈に火が入り、祭りをいっそう盛り上げた。

また、八橋運動公園(メイン広場)や、なかいちにぎわい広場などの各会場では、東北物産や観光をアピールするさまざまな催しを展開し、協賛各社もそれぞれの趣向のブースを設けた。来場者は各所を巡りながら祭り気分を満喫していた。

東北六魂祭は東日本大震災からの復興へののろしを上げようと2011年7月に仙台市で開催され、以降、盛岡市、福島市、山形市で実施されてきた。

6市長や公式キャラクターのロッくん、地元小学生らが集結した開祭式

ブースを回遊して祭り気分を楽しむ来場者(メイン広場

青森ねぶた祭

秋田竿燈まつり

 

盛岡さんさ踊り

山形花笠まつり

仙台七夕まつり

福島わらじまつり

東北六魂祭初。火が入った竿燈

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ