第68回「広告電通賞」決まる
― 総合広告電通賞はパナソニック株式会社が受賞 ―

第68回「広告電通賞」の入賞作品が決まり、総合広告電通賞にはパナソニック株式会社が選ばれた。パナソニック株式会社は、松下電器産業株式会社から数えると7年ぶり31回目の受賞となり、パナソニック株式会社としては初となる。

5月29日、東京・千代田区の帝国ホテルで広告電通賞審議会の最終選考委員総会が開かれ、新聞、雑誌、ラジオ、テレビ、アウトドア、デジタルそれぞれの「広告電通賞」「最優秀賞」「優秀賞」、プロモーションの「広告電通賞」「優秀賞」、「インテグレーテッド・キャンペーン賞」「準インテグレーテッド・キャンペーン賞」、名古屋・九州・北海道3地区の「地区広告賞」「準地区広告賞」が別紙の通り決まり、最後に総合広告電通賞が決定した。 今回選考の対象となった広告作品は、2014年4月1日から2015年3月31日までに実施されたもので、選考委員会にかけられた作品点数は1,467点、最終選考に残った作品は363点となる。

本年4月に、東京、大阪、名古屋、九州、北海道の5地区で地区予選が行われ、5月25日~28日に東京で開かれた最終選考会において、予選通過作品の中から入賞作品が選出された後、5月29日の最終選考委員総会に諮られ、各賞61点が決定した。

総合広告電通賞に決定したパナソニック株式会社は、「ラジオ」「アウトドア」で広告電通賞を獲得したほか、「新聞」「雑誌」で最優秀賞を、さらに「新聞」「テレビ」「アウトドア」でそれぞれ優秀賞を獲得するなど、広告活動全般にわたる優れた成果が評価された。

上記以外の種目の広告電通賞は、「新聞広告電通賞」は株式会社IHI、「雑誌広告電通賞」はサントリーホールディングス株式会社、「テレビ広告電通賞」は株式会社ポーラ、「デジタル広告電通賞」はスリーエムジャパン株式会社、「プロモーション広告電通賞」は富士ゼロックス株式会社がそれぞれ獲得した。また、「インテグレーテッド・キャンペーン賞」はキリンビバレッジ株式会社、江崎グリコ株式会社が獲得した。

贈賞式は、7月1日に東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪・国際館パミールで行われる。
また、入賞作品は、東京・汐留の「アド・ミュージアム東京」において8月6日~9月26日に展示される。

〈「広告電通賞」について〉
広告電通賞は、1947年(昭和22年)12月の創設以来、広告活動の進歩向上に寄与するため、毎年1回、その年度中に実施された広告作品に関して優秀な広告企画および広告技術を示した広告主を表彰するもの。日本における唯一の年間総合広告賞として高く評価されており、「広告電通賞の歴史は日本戦後の広告クリエーティブの歴史」といわれている。選考は全国的に組織された独立の機関「広告電通賞審議会」(会長・今井敬氏)に参加する497人の選考委員が行う。選考委員会は各地区とも、広告主、媒体社、制作者、学識経験者、文化人を中心に構成されている。

第68回「広告電通賞」受賞一覧
http://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/第68回入賞一覧表.pdf


電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0601-004059.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ