電通、ポーランドのデジタル・パフォーマンス・エージェンシー

「マーケティング・ウィザーズ社」の株式100%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、ポーランドのデジタル・パフォーマンス・エージェンシー「Marketing Wizards Sp. z o.o.」(以下「マーケティング・ウィザーズ社」)の株式100%を取得することにつき、同社株主と合意した。
2010年設立のマーケティング・ウィザーズ社は、デジタル分野での戦略策定、SEM/SEOやソーシャル領域のデジタル広告、Eメール・マーケティングやCRM、クリエーティブ制作などデジタル領域におけるフルサービスを提供する総合デジタルエージェンシー。
中でも、デジタル広告と消費者の購買行動の因果関係を測定し、消費者を実際の購買に結びつけるデジタル・パフォーマンス領域に強みを持っており、同社のROI(投資収益率)重視のビジネスにより、多くのEコマース企業が顧客となっている。
これまで電通グループのポーランドにおけるデジタル・パフォーマンス領域のサービスは、グローバルネットワーク・ブランドのひとつであるiProspect(アイプロスペクト)を通して行ってきた。
買収完了後、電通グループはマーケティング・ウィザーズ社とiProspectを統合することで、デジタル・パフォーマンス領域におけるケーパビリティーをさらに強化し、ポーランドに展開するグループ各社との連携を図りながら、よりイノベーティブなソリューションを提供していく。


〈マーケティング・ウィザーズ社の概要〉
社名:マーケティング・ウィザーズ社(Marketing Wizards Sp. z o.o.)
本社所在地:ポーランド・ワルシャワ市 
設立:2010年2月
株主構成:株式取得後 電通イージス・ネットワーク 100%
収益(Revenue):875万ズロチ(約2.9億円)(2014年12月期)
代表者:Marcin Pogroszewski(マネージング・ディレクター)
従業員数:60名
事業内容:総合的なデジタルマーケティング・サービス
電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0602-004062.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ