US発★テレビ広告が売り上げアップに最も効果的

米ケーブルテレビ局ターナー・ブロードキャスティングとメディア代理店ホライゾン・メディアがマーケティング分析会社 MarketShareに委託した調査によると、テレビ広告が最も売り上げ増加に効果的だったと、アドエージ誌が報じている。2010年から14年までの5年間における千件以上のマーケティング・キャンペーンについて、テレビ、オンライン・ディスプレー、有料検索、印刷、ラジオでの売り上げや新顧客などKPI達成における有効性を米国内で調査したもの。

テレビはデジタルメディアを上回る有効性を示し、特に自動車と通信の分野では、テレビはオンラインに対して6倍の売り上げ増加をもたらした。また12~14年、テレビの売り上げ増加に関する有効性は1.5%減ったものの、オンラインではそれを大幅に上回る10.3%減となった。

ターナーの調査責任者であるハワード・シメル氏は「リーチも大切だが、実際の売り上げに結び付くことはさらに重要。視聴率ばかりではなく、効果にも十分な関心を向けるべきだ」と語る。

出典 Ad Age
Forget Ad Avoidance, Growth of Digital -- TV Holding Its Own
http://bit.ly/1JIAiam

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ