D2Cが主催する「コードアワード2015」の受賞作品が決定 「ヤフートレンドコースター」や「フリー素材アイドル」が受賞

D2Cは、総合的なデジタル広告・マーケティングのアワード「コードアワード2015」の受賞作品を決定した。

同アワードは、2014年4月1日から2015年3月31日の期間、各種デジタルを活用し実施・開始されたマーケティングコミュニケーションの事例が対象。作品の選考においては、学識者、クリエーティブ、セールスプロモーションなどのマーケティングのスペシャリスト計7名により厳正なる審査を行い、グランプリ及び各賞を含む、合計13作品を選出した。

グランプリは、「ヤフートレンドコースター」(ヤフー)に決定。

同作品は、リアルタイム検索とバーチャル・リアリティを組合せた新感覚の体験型アトラクション。検索結果グラフからジェネレートされたコースは、SNSなどでのシェア数の推移を表しており、ビッグデータを可視化するだけではなく、データそのものを体感できるという点が、インターネットの未来のあるひとつの形を示していると評価され、今回のグランプリの獲得に至った。

グランプリ以外の各賞では「ベスト・イフェクティブ」に、「TRUE LOVE TESTER」(ベリグリ)、「ベスト・イノベーション」には「フリー素材アイドル」(スタッフアップ)、「ベスト・キャンペーン」には「minikuLOVE 〜元カレBOX・元カノBOX〜」(寺田倉庫)、「ベスト・クラフト」には「DRAWING PRE-VISUALIZATION / HONDA + OK GO: IWONTLETYOUDOWN.COM」(本田技研工業)が、それぞれ選出された。一般投票により選ばれる「パブリックベスト」にも「フリー素材アイドル」(スタッフアップ)が選出され、ベスト・イノベーションとのダブル受賞となった。

なお、7月16日に表参道ヒルズ「スペースオー」で開催される「コードアワード2015贈賞式」では、受賞作品の解説や贈賞、受賞企業及び審査員によるパネルディスカッションが予定されている。

贈賞式の参加申し込みの詳細は、専用サイト(http://peatix.com/event/94593)にて。
※イベント終了。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ