JALとANA

オリンピック・パラリンピック東京大会の
オフィシャルパートナーに決定

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は6月15日、千代田区の帝国ホテル東京で東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のオフィシャルパートナーに決定したと発表した。両社の契約カテゴリーは「旅客航空輸送サービス」で、期間は同日から2020年12月31日まで。

東京2020スポンサーシッププログラム(国内限定)は、ゴールドパートナー、オフィシャルパートナー、オフィシャルサポーターの3階層があり、呼称やマークの使用などそれぞれのレベルに応じて、使用可能な権利が設定されている。ゴールドパートナーには、これまで国内企業13社が決定しているが、オフィシャルパートナーが決まったのは今回の2社が初めてだ。スポンサーシップは、原則「一業種一社」としているが、今回はIOCとの協議により特例とした。

JALの植木義晴社長は、64年東京大会でアテネからの聖火輸送を担ったことや、日本オリンピック委員会、日本パラリンピック委員会のパートナーとして日本代表選手団を応援してきたことに触れ「これまでの経験を生かし、選手や関係者をサポートするとともにアスリート支援活動を深化させ、大会の成功に貢献したい」とあいさつした。

ANAの篠辺修社長は、東京大会の基本ビジョンと同社グループの経営理念である“世界をつなぐ心の翼で、夢にあふれる未来に貢献する”とは共通するものがあると語り「東京大会の成功が、世界に誇れる東京、日本の発展になるようアスリートの挑戦を応援したい」と語った。

組織委の森喜朗会長は、これまでも両社には多くのスポーツ団体が支援をしてもらっていると話し「2社がパートナーとして共存してくれたことは、まさにオールジャパンの良さだ。協力して素晴らしい大会にしましょう」と呼びかけた。また森会長は、今後のスポンサーセールスについて「単にスポンサー収入だけの問題ではなく、オリンピックファミリーとしてどういった協力をお願いできるかが大切だ」と語った。

JAL関連サイト: http://www.jal.co.jp/flyto2020/
ANA関連サイト:https://www.ana.co.jp/pr/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ