電通、「ジャパンブランド調査2015」を実施

電通は、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業において、顧客企業のマーケティング活動支援を目的に、2015年4月に20カ国・地域 ※で「ジャパンブランド調査2015」を実施した。

全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」と電通総研「ジャパン・スタディーズ・グループ」が連携して実施した本調査は、親日度(日本に対する好意度)の地域別状況、日本および日本産品に対する興味関心やイメージの詳細なデータ・知見の収集を目的としている。顧客企業が海外展開する際に役立つと同時に、国内においても訪日客対応を進める企業が活用できる。2014年に行った前回調査からさらに対象地域や設問内容を広げ、今後、調査の詳細を顧客企業向けに提供していく。

※20ヵ国・地域=中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア

詳しい調査結果はhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2015066-0622.pdf

【主なファインディングス】

  ◇日本に対する好意度が最も高い地域は、「ベトナム」(2年連続)と「台湾」。

  ベトナムは「日本人の勤勉さ」が、台湾は「日本食」に好感。

  ◇日本でやりたいことの第1位は「日本食を食べる」。

  日本食関心層の間では、「刺身」や「ラーメン」の人気が高い傾向。

     ◇観光客は地方へ:

   行きたい場所として東京を上回る地方も。

      地方の「自然」「温泉」「郷土料理」の他、ご当地「ラーメン」を体験したい人も多い。

  ◇「温泉」と「食」への関心高まる:

  “日本について興味関心のある物事の第1位は、昨年に引き続き「日本食」。

  「温泉」と「日本食」の関心が高まる一方で、サブカルチャーやコンテンツへの関心は低下。  また、「日本のファッション」はランク外に。

  ◇「日本のロボット工学」への評価が高まる:

       “優れていると思う日本の物事の第1位は、「日本のロボット工学」。

       昨年より評価が上向きなのは、「日本の温泉」。

  ◇ 従来とは異なるカテゴリーでの「ジャパンブランド」構築の可能性:

       興味関心のある日本製品のカテゴリートップは「医薬品」。

  ◇ ラーメン」が新たな日本食の代名詞に:

       今年も認知・経験・意向のナンバー1は「寿司」。

  <ジャパンブランド調査2015の概要>

・目的:食や観光、日本産製品など「ジャパンブランド」全般に関する海外消費者の意識と実態を把握する。

・対象エリア:20カ国・地域

    中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、

   マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリ     ス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア

   ・調査手法:インターネット調査

   ・対象者条件:20歳~59歳男女 *中間所得層以上

    *「中間所得者層」の定義(収入条件):OECD統計などによる各国平均所得額、および       社会階層区分(SEC)をもとに各国ごとに条件を設定

   ・ サンプル数:地域ごとに200ss、計4,000ss  

  <参考:ジャパンブランド調査201220132014の対象地域>

   ◇ジャパンブランド調査2014(2014年4月実施)

    18カ国・地域:中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、イン    ドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、アメリカ、ブラジル、イギリス、フランス、    ドイツ、イタリア、ロシア

   ◇ジャパンブランド調査2013(2013年3月実施)

    16カ国・地域:中国(北京、上海)、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシ    ア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、    オーストラリア

   ◇ジャパンブランド調査2012(2012年3月実施)

    15カ国・地域:中国(北京、上海)、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、      マレーシア、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、オーストラリア、カナダ

電通ニュースリリースhttp://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0622-004078.html

    

        

 

  

 

 

 

  

 

    

  

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ