数字で見るカンヌライオンズ

世界最大級の広告賞、カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルが、南仏カンヌで、6月21日から27日まで開催中だ。今年は前年比7%増の4万133作品がエントリー、2部門が増設され、過去最大の規模となった。アドエージ誌が、カンヌライオンズにまつわる数字をまとめた。

会期中の参加者は1万3000人。今年の審査委員長は21人。そのうち女性は6人。

エントリー数の総計は、4万133件。内訳は、カンヌライオンズが3万7426件、ライオンズヘルスが1862件、ライオンズイノベーションが845件。

エントリーフィーの総計は、2271万4078ドル。最もエントリーフィーを集めた部門は、5037件がエントリーされたアウトドアで258万5510ドル。今年新たに設けられたニュークリエーティブデータ部門は619件のエントリーで、34万5668ドル。同じく新設の、性差別や偏見を打ち破る広告表現を顕彰する特別部門、グラスライオンへのエントリーフィーは8万4272ドルで寄付される予定。最もエントリーフィーの高い部門は、チタニウムとクリエーティブエフェクティブネスで、1エントリーにつき1461ドルだった。

連日のパーティーやクルーズも盛況。豪華ヨットQuid Pro Quoのチャーター料は6万1384ドルから。

 

出典 Ad Age
Cannes by the Numbers: Yachts, Cocktails, Penthouses and More
http://adage.com/article/special-report-cannes-lions/cannes-numbers-yachts-cocktails-penthouses/299121/
All currency exchange rates from oanda.com

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ