電通総研が「シニア×働く」調査を実施

電通総研は7月2日、日本の今とこれからの働き方を研究・提言する「○○×働く」スタディーの「女性×働く」に続く第2弾として、「シニア×働く」調査の結果を発表した。
超高齢社会が進行する中、定年後もシニア層のスキルや経験を生かして働き続けられる社会づくりは極めて重要であるとした上で、50代後半に就労経験のある60~69歳の男女2,600人を対象に仕事や働くことへの意識や満足度を調査した。

調査結果では、60代の半数以上が働きたいと思っているものの、その約3割が働いておらず、特に60代後半では働きたい人の約半数が働いていないことが分かった。一方、働きたくない60代の4人に1人が働いている。
また、現在働いている人の働き方に対する満足度は高くなっているが、シニア層は仕事に大きな期待をせず、「働けるだけで満足」という気持ちを持つ人も約半数いることが分かった。

今後、シニア層がいつまでも元気で働き続けられる社会を構築していくためには、シニアの経験やスキルを生かせるような環境づくり、ワークシェアなど体力やライフスタイルに合った仕組みづくりを通じ、シニア自身の前向きな意欲と納得を得ることが重要であると考えられる。

本調査の主な結果は以下のとおり。

1. 定年退職後も仕事を継続する人が多数派に。定年退職経験者のうち、男性の約72%、女性の約55%  が仕事を継続
2. 60代後半の働き方は「アルバイト・パート」が主流に。男性の33.8%、女性の67.2%が「アルバイ  ト・パート」
3. 働くことを希望する60代男女の3割は働いていない。働きたくない人の4人に1人は働いている
4. 働いている60代男女の7割は現在の働き方に「満足」だが、「働けるだけで満足」も半数と根強い
5. 定年後の仕事イメージは、おおむねイメージどおり。想定外は手取り収入の少なさ。1カ月の平均  手取り収入額は、男性60代前半で24.9万円、60代後半で18.8万円。女性は60代前半で11.9万円、   60代後半で11.1万円
6. 給与は少なくても「のんびり働く」が理想の働き方

 

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0702-004087.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ