US発★Facebookが動画クリエーターに広告収益を還元

Facebookが、動画コンテンツにリンクさせた動画広告の売り上げを、コンテンツ制作者に還元するプログラムを試験的に開始した。同社が動画領域で、コンテンツのクリエーターに収益を分配するのは初めて。メディアや人気動画クリエーターによる魅力的な動画コンテンツの投稿を促進し、この領域で覇権を誇るYouTubeに対抗する構えだ。

アドエージによると、ニュースフィード上の全ての動画が対象ではなく、今回新たに「Suggested Video」(おすすめ動画)と呼ばれるページが設けられた。ニュースフィード上の動画をクリックすると、新レイヤーでSuggested Videoが開いて動画を再生すると同時に、その下にアルゴリズムから導き出された「おすすめ動画」のタイトル一覧が表示される。その中に広告動画も挿入され、視聴されると、当該のSuggested Videoページで視聴された全動画コンテンツの制作者に広告収益が還元される。配分は、売り上げの45%がFacebook、55%が制作者に視聴時間に応じて分配される。

Facebookはニュースフィード上の動画を自動再生にするなど、動画領域に力を入れており、投稿数も前年比360%と飛躍的に増えている。今回、試験段階でのプログラムに参加するのは、NBA(米プロバスケットボールリーグ)、フォックス・スポーツ、コメディーサイトのファニー・オア・ダイなど。試験後、まずはiOSで実施し、追ってアンドロイドへの適用が予定されている。

出典 Ad Age
Facebook Is Testing Ad-Supported Videos, Will Share Revenue With Creators
http://bit.ly/1ITUiTH

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ