電通、第62回カンヌライオンズで多数受賞

フランスのカンヌ市で開催された第62回「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」※(Cannes Lions International Festival of Creativity 2015)において、電通グループは合わせて計21個の賞を獲得した。

本フェスティバルは、①国際クリエイティビティ・フェスティバル(6月21日~27日)、②ライオンズ・ヘルス・フェスティバル(6月19日~20日)、③新設のライオンズ・イノベーション・フェスティバル(6月25日~26日)の3つで構成されており、今回のフェスティバル全体では94の国と地域から40,133作品のエントリーがあった。

電通グループがそれぞれのフェスティバルで獲得した受賞数は次のとおり。

①国際クリエイティビティ・フェスティバル(計17個)

  • サイバー部門(銀賞1、銅賞3)
  • デザイン部門(金賞2、銀賞2、銅賞2)
  • フィルム部門(銀賞1)
  • PR部門(銅賞2)
  • プレス部門(銅賞1)
  • プロモ&アクティベーション部門(銅賞3)

②ライオンズ・ヘルス・フェスティバル(計1個)

  • ヘルス&ウェルネス部門(銅賞1)

③ライオンズ・イノベーション・フェスティバル(計3個)

  • クリエーティブ・データ部門(金賞1、銀賞1、銅賞1)

金賞に選ばれた3作品はすべて電通が制作に関わった。デザイン部門の2つは、東日本旅客鉄道の「行くぜ、東北。」と東京海上日動火災保険が特別後援を行う「全国JOCジュニアオリンピックカップ水泳競技大会」、クリエーティブ・データ部門の1作品、日本スポーツ振興センターの「国立競技場『Reviving Legends』」。

この他、電通グループのメディアエージェンシー各社は、計30個(金賞5、銀賞10、銅賞14、グラス賞1)の受賞作品に携わった。


※カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(Cannes Lions International Festival of Creativity)は、カンヌ国際映画祭の一部として劇場広告映画のコンクールからスタートし、1954年からは独立して開催されている。規模の大きさ、審査員構成、入賞作品のレベルの高さなどから、数ある国際広告賞の中でも特に高い評価を得ている。
作品の審査は次の21の部門で行われた。21部門は、ブランデッドコンテンツ&エンターテインメント、クリエーティブ・データ、クリエーティブ・エフェクティブネス、サイバー、デザイン、ダイレクト、フィルム、フィルム・クラフト、ヘルス&ウェルネス、イノベーション、メディア、モバイル、アウトドア、ファーマ、PR、プレス、プロダクト・デザイン、プロモ&アクティベーション、ラジオ、チタニウム&インテグレーテッド、および今回から新設されたグラス。

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0706-004089.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ