ビジウム、グローバルメディアネットワーク成長率ランキング1位に

電通イージス・ネットワークのメディアエージェンシー、ビジウムが、メディア業界の独立系調査機関Reseach Company Evaluating the Media Agency Industry (RECMA)が6月に発表した、世界62カ国・地域における2014年メディア取扱高の成長率ランキングで、第1位(前年比29.1%増)となった。

ビジウムは03年に創業、英ロンドン、米ロサンゼルス、仏パリ、シンガポール、東京、独ウィースバーデンの七つのグローバルハブを始め、現在45カ国・地域で65の拠点を持つ。

グローバル・プレジデントのトーマス・ル・ティエリー氏は「これは、われわれがクライアントにとって価値のあるイノベーションの創出に総力を挙げた結果。ネットワーク全体が加速的に進化を遂げている。成長こそ、変化の激しい環境に迅速に対応し、クライアントに最高のサービスの提供を可能にする唯一の方法である」とコメントした。

なお、アジア太平洋地域を中心に展開する電通メディアは、前年比11.1%増で5位にランクされた。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ